まさみパパのブログ

主に子供関係の記事が多い雑記ブログとなっております。よろしくどうぞでございます。

ウォーターサーバーの電気代は月にどれくらいかかる?電気代が安くて人気のウォーターサーバーはどこ?

f:id:masamipapa:20191212231303j:plain

ウォーターサーバーを選ぶ際に水の価格以外に、ウォーターサーバーにかかる毎月の電気代も気になりますよね?そこで毎月かかる電気代の目安をお伝えします。せっかくウォーターサーバーを導入するのに電気代の安さだけでウォーターサーバーを選んでしまうのは勿体無いと思いますので、電気代も安くて美味しい水のウォーターサーバーも紹介しますので参考にしてみてください。

 

 

ウォーターサーバーの電気代はどれくらいかかるの?

 

ウォーターサーバーの毎月の電気代は、もちろんお水の消費量や温水など使う頻度によって差が生じます。

 

ちなみに平均的なお水の消費量は、一人暮らしで1ヶ月約25リットルで、夫婦2人の家庭は50リットル、お子さんがいる家庭は60リットルが平均的な消費量になります。

 

平均的な水の消費量を消費した場合、ウォーターサーバーにかかる毎月の電気代は一般的なボトルタイプなどで約1200円かかります。

 

毎月かかる電気代がおよそ1200円と知ってどうでしょうか?想定内でしょうか?それとも予想より高かったでしょうか?

 

私は、毎月1200円の電気代は少し高いかなと思います。ウォーターサーバーを導入してからは毎月払い続けないといけないわけですから、固定費は少しでも安く抑えたいですね。

 

ウォーターサーバーの電気代を安くするには、ウォーターサーバーに省エネモードが搭載されているタイプがおすすめです。

 

省エネモードで毎月の電気代が驚くほど変わってきますので、気になっているウォーターサーバーがある場合は省エネモードがあるか確認された方がいいかと思います。

 

 

省エネモード搭載で電気代が安い人気のウォーターサーバーはどれ?

 

こちらの富士の天然水ウォーターサーバー【フレシャス】 省エネ機能が搭載されていて電気代が最大70%カットで使用できます。

 

こちらのフレシャス ウォーターサーバーはいくつか種類があり電気代の目安は、デュオ=約330円、スラット=約380円、デュオミニ=約490円、サイフォンプラス=約750円になっています。

 

平均的なウォーターサーバーの電気代よりだいぶ経済的ですよね。水の値段だけではなく毎月かかる電気代もウォーターサーバーを選ぶ際の重要なポイントだと思います。

 

<

 

フレシャスは電気代が安い以外に何が特徴なの? 

 

フレシャス富士の水の特徴

 

まずフレシャス富士の水ですが、富士山の標高1000m地点の地下273mの立地で採水している軟水の天然水になります富士山の天然水はバナジウムやミネラルを多く含み、まろやかで甘みのある味わいが特徴です。

 

ちなみに軟水とは、まず水に含まれるマグネシウムやカルシウムなどミネラルによって軟水か硬水に分かれます。

 

日本では硬度100以下の水のことを軟水といい、マグネシウムやカルシウムが比較的少なくまろやかで口当たりがいいのが特徴になります。

 

赤ちゃんのミルクや晩酌の水割りなどにもおすすめのお水になります。ペットや植物にもとてもいいお水です。

 

天然水以外は殺菌のために自然には存在しない物質が含まれている場合がありますがフレシャスは天然水なので、自然のミネラルを含んでいて素材に浸透しやすいので料理やコーヒーなどにも最適です。

 

お米を研ぐ時に最初のお水をフレシャスの天然水に変えると美味しいご飯が炊き上がります。コーヒーや紅茶にも最適ですので、いつでもお湯が使えるウォーターサーバーで手軽に美味しいコーヒーや紅茶も楽しむことができます。

 

 

フレシャスのウォーターサーバーのデザインの特徴

 

 ウォーターサーバーでは、初のグッドデザイン賞キッズデザイン賞をWで受賞しています。ウォーターサーバーはレンタル料金無料でデザインもおしゃれなのでインテリアとしてもぴったりだと思います。

 

 オリコンお客様満足度『デザイン』で3年連続第1位獲得でデザインにこだわりたい方にもおすすめのウォーターサーバーになります。詳しくは富士の天然水ウォーターサーバー【フレシャス】 でデザインを確認してみてください。

 

 お水の交換は軽量で使い捨てパックor下置きボトル式なのでお水の交換も楽にでき『ボトル交換のしやすさ』でもオリコンお客様満足度3年連続1位を獲得しています。

 

 

 

まとめ 

フレシャスのウォーターサーバーは、電気代が安いだけではなくデザインや機能性も優れているウォーターサーバーで種類もいくつかあり業界最小サイズの卓上小型サーバーなどもあるので、今まで設置スペースがないのでウォーターサーバーを諦めていた方は一度確認してみてください。

 

どの点を重視してウォーターサーバーを選ぶかはみなさん違うと思いますので、たくさんのウォーターサーバーの中から選ぶのは大変かと思います。今回は毎月かかる電気代が安いウォーターサーバーに焦点を当てて紹介しました。

 

お水自体が大切なのはもちろんですが、毎日使うものになるかと思いますので電気代やお水の交換のしやすさなども重要になるかと思いますので今回の記事が参考になれば嬉しいです。

 

 

www.masamipapa.com