まさみパパのブログ

主に子供関係の記事が多い雑記ブログとなっております。よろしくどうぞでございます。

年賀状ぐらいしか使わない方におすすめのプリンター

f:id:masamipapa:20191111144933j:plain

年賀状くらいしか使わないけど自分で年賀状を印刷されたい人向けのおすすめのプリンターを紹介します。プリンターも色々な種類がありますのでどれがいいのか迷いますよね?そもそも普段は使わない方は特に悩んでしまうかと思います。よければ参考にしてみてください。

 

 

 

家庭向けプリンターの印刷方式は大きく分けて2つ

 

『インクジェット』『レーザー』の2つ 

 

家庭向けプリンターの印刷方式は大きく分けて2つで『インクジェット』と『レーザー』の二つになります。

 

 

年賀状ぐらいしかプリンターを使わない方は『インクジェットプリンター』が、おすすめです 

 

 

簡単に2つの違いを説明しますと、インクジェットプリンターは家庭向けプリンターの主流で、イラストや写真の印刷に強く色鮮やかに再現できるのが特徴です。

 

 

それに対しレーザープリンター』はオフィスで見るような本格的なプリンターになります。

 

最近は家庭向けの商品も発売されていますが、年賀状ぐらいしか使わないのであれば必要ないかと思います

 

 

インクジェットプリンターは本体の価格は安く購入できる代わりにインク代がかかりますので自宅で大量に印刷する方は逆に高くつく場合もあります。

 

 

逆に『レーザープリンターは本格的なプリンターですがランニングコストは安いです

 

POINT

インクジェットプリンター』 が年賀状印刷に向いている

 

 インクジェットプリンターのインクは何がおすすめ?

 

f:id:masamipapa:20191111225448j:plain

 

 

年賀状くらいしか使わない方は『インクジェットプリンター』がおすすめと紹介しましたが、インクジェットプリンターには3つのインクの種類があります。

 

その中で年賀状印刷に向いているのはズバリ『ハイブリッドインク』になります。

 

 

簡単に3つのインクの種類となぜ『ハイブリッドインク』が年賀状印刷に向いているインクなのかをお伝えします。

 

 

『染料インク』

 

 

染料インクは水に溶けるので印刷した際にインクが紙に染み込みやすく発色が鮮やかで光沢が出やすいです。簡単に言うと写真やイラストなどの印刷に向いています

 

 

 ちなみにデメリットは水に溶けますので印刷した後に濡れてしまうとにじみやすいです。

 

 

『顔料インク』

 

 顔料インクは文字がくっきり印刷されますので文章を印刷される方に向いています。

 

『染料インク」のような繊細で鮮やかな色は出ませんので写真の印刷には向いていません。

 

 

『ハイブリッドインク』

 

『ハイブリッドインク』は『染料インク』と『顔料インク』が両方使えるいいとこ取りのインクになります。

 

要は写真やイラストなど鮮やかに印刷したいものには『染料インク』を。

 

文章などには黒の『顔料インク』を使用します。

 

 

POINT

写真入りの年賀状印刷には『インクジェット』の『ハイブリッドインク』のプリンターがおすすめ

 

 

 年賀状作成におすすめな『インクジェットプリンター』で『ハイブリッドインク』のおすすめのプリンターはどれ?

 

キャノン PIXUS TS3130

 

 

 

 

PIXUS TS3130 特徴

年賀状印刷向けのプリンター。安価な本体価格でサイズもコンパクトで、スマホだけでも印刷可能・コピー、スキャナー機能有り。

 

 

あくまでも年賀状作成がメインで使用される方向けにおすすめします。

 

 

 

年賀状印刷に向いている『インクジェット』で『ハイブリッドインク』のプリンターになります。

 

 

 

まずは値段です。年賀状作成ぐらいしか活躍の場がないのに高額なコピー機を購入しても勿体無いですよね。こちらの本体価格はとても安価ですので一度上記から確認してみてください。

 

 

 

こちらWi-Fiルーターがなくても、スマホタブレットからプリントできる『ダイレクト接続』機能搭載していてパソコンがなくてもスマホから印刷できます。

 

 

活躍する機会が少ないのであれば本体のサイズもコンパクトの方がいいですよね。こちらの本体のサイズは、横幅435mm,奥行き316mm,高さ145mmでコンパクトなデザインになっています。

 

 

 

コピーやスキャナー機能も搭載しています。

 

 

 

デメリットを上げるのならインク代は少し高めなのでランニングコストは高くつきます。なので大量に印刷をされる方は他の製品と比較された方がいいかと思います。

 

 

年賀状印刷がメインであればとてもおすすめの商品になります。

 

 

EPSON カラリオ PX-049A

 

 

 

 
カラリオ PX-049A 特徴

本体価格は安価ながらWifi対応でコピーもスキャンも搭載。インクが「顔料」なので文章メインの印刷に向いている。イングが分割型なのでランニングコスト優秀。アプリを使えばスマホの写真も印刷可能

 

 

EPSONカラリオシリーズに「PX-049」の紹介になります。

 

 

こちらの商品も本体価格は安価な商品になりますが、コピーやスキャナーの機能の搭載はもちろん無線LANも搭載していますので自宅の好きな場所に設置できます。

 

 

インクの種類は『顔料インク』になります。こちら4色の「顔料インク」になりますので黒だけでなくカラーの文字も綺麗に印刷できます。

 

 

インクが分割型なので、無くなった色のインクだけ交換可能なのでランニングコストも優秀。

 

 

専用アプリの『Epson iPrint」を使えばスマホの写真も印刷できます。

 

 

年賀状印刷をネットで注文する

 

 そもそも年賀状ぐらいしかプリンターを使わないのであれば、ネットで年賀状印刷を注文してもいいかと思います。

  

 

 年賀状のネット印刷であれば過去4年間受注件数第1位の年賀状印刷のおたより本舗 がおすすめです。早期割引など割引サービスもたくさんありますのでサイトを確認してみてください。