まさみパパのブログ

主に子供関係の記事が多い雑記ブログとなっております。よろしくどうぞでございます。

『初めての出産準備』 出産前に準備必須なベビーグッズ13選

f:id:masamipapa:20190924231002j:image

初めての出産は何をいつ頃までに準備すればいいのかわかりませんよね?初めてのことだらけで大変だと思います。準備するものはたくさんありますが、まずは最低限必要なベビーグッズを13種類紹介していきたいと思います。

 

出産までに何を準備すればいいの?

まず準備をした方がいい時期ですが、産後は外に出るのが難しくなりますので目安としては体調が落ち着いてくる妊娠4ヶ月から妊娠後期に入り前までには、入院で必要なものや1ヶ月頃くらいまでに必要なベビー用品を購入しておく必要があります。

 

産後すぐに最低限必要なベビーグッズ13選

 

おむつ(新生児用一袋)

 

一般的には出産の入院中で必要な分は産院で最低限用意してくれますので退院後にすぐに使う分を購入しておけば問題ありませんのでとりあえず新生児用を1袋だけ購入しておけば大丈夫です。

 

どうせ必要だから沢山買っておこうと思ってしまいがちですが赤ちゃんによって成長速度が違いますので、成長が早くてすぐにSサイズが必要になるケースもありますのでとりあえずは新生児用の紙おむつを一袋用意しておいて、その後は赤ちゃんの成長に合わせて紙おむつを買い足すことをおすすめします。

 

 

おくるみ(1〜2枚)

 

出産後の退院時におくるみに包まれている赤ちゃんをよくみますが、退院時に必ず必要になりますので最低限一枚は必要になります。

 

一枚だけですと洗濯時に使えなくなってしまいますので、バスタオルで代用もできなくはないですが洗い替え用に2〜3枚あるといいと思います。

 

おくるみも肌さわりや通気性など様々ですので出産の季節に合わせて用意することをおすすめします。

 

ガーゼ(5〜10枚くらい)

 

ガーゼはとにかく使いますのでできる限り多めに用意されることをおすすめします。

 

使う用途は様々ですが、よだれ、授乳後の口拭き、沐浴時の顔拭きや沐浴ガーゼとしてなど使う頻度は高いので忘れずに準備しましょう。

 

おしり拭き(5〜6個)

 

出産時の産院によっては入院時に必要になる場合もあります。こちらは長い間使うことになりますので少し多めに用意しても問題ありませんが、万が一赤ちゃんの肌に合わない場合もあるかと思いますので、心配であれば赤ちゃんの状況をみながら購入しても問題ありません。

 

最低限2〜3個は用意しておきましょう。使う頻度も高いのでおしり拭きのフタも一緒に購入されるのもおすすめです。

 

ベビーバス

 

 生後1ヶ月ごろまでの赤ちゃんは大人と同じ浴槽ではなく、ベビーバスを使って洗ってあげましょう。これは『沐浴』といい細菌感染などから赤ちゃんを守る目的があります。空気で膨らませるタイプやプラスチックタイプなどありますので忘れずに用意しておきましょう。

 

ベビーソープ・ベビーシャンプー

 

 ベビーソープは赤ちゃんや幼児のために作られた石鹸で、肌への刺激を少なくするような低刺激の商品になります。様々な形状があります。固形・液体・泡で出てくるものがあります。その中でも泡状になって出てくるタイプがおすすめです。

 

赤ちゃんの沐浴の際には片手は首を支えていますので常に片手が塞がっています。泡状のタイプは泡立てる必要がなく片手で簡単に泡が作れますので便利で使いやすいと思います。

 

綿棒・消毒用エタノール

 

新生児期の赤ちゃんは普通サイズの綿棒は大きく使えませんので赤ちゃん用の綿棒を用意しましょう。使う用途はへその緒が取れるまでは入浴後のおへそケアや鼻・目・耳などの部分のケアになります。

 

入浴後のおへそのケアに綿棒と合わせて消毒用エタノールが必要になります。

 

つめ切りハサミ

 

赤ちゃんの爪はとても小さく普通の爪切りでは切りずらいので、先端が丸くなっている赤ちゃんの爪切り専用の小さいハサミになります。爪が伸びてしまうと赤ちゃん自身が顔など傷つけてしまう恐れがありますので、爪が伸びたら切れるように前もって準備しておきましょう。

 

哺乳瓶(1〜3本)

 

完全母乳や完全ミルク・母乳とミルクの混合などで必要な本数は変わってきます。完全母乳の方は基本的には哺乳瓶は必要ありませんが、突然母乳が出なくなったり授乳できる環境がない場合などあるかもしれませんので最低限1本は用意しておきましょう。

 

完全ミルクや母乳とミルクの混合の場合は最低3本は必要かと思います。ミルクは栄養満点のため雑菌が繁殖しやすいため作り置きはできません。そのため一回ごとに作ることが必要になります。

 

使い終わったら洗って消毒をして乾かさなければなりません。授乳の間隔は最低3時間ですので例えば23時に授乳した場合、2時・5時と朝までに最低3回は使用します。

 

授乳の度に使い終わったら洗って消毒して乾かせればいいのですが夜間などは大変ですので、混合の方は3本完全ミルクは5本あるととても楽になると思います。

 

粉ミルク

 

退院時に病院からもらえたり、メーカーの方が病院で粉ミルクのサンプルを配っている場合もありますが少量でも用意してあるともしもの時に慌てなくてすみますので忘れずに準備しましょう。

 

ベビー布団セット

 

ベビー用式布団は柔らかい赤ちゃんの背骨をしっかり支える適度な固さになっています。キルトパッドやタオルケット、毛布など出産の季節に合わせた寝具を用意しておきましょう。

 

おへや着

 

赤ちゃんが一番最初に着る基本の肌着になる短肌着は5〜6枚。長下着やコンビ下着は合わせて5〜6枚。ドレスオールやプレオールを5〜6枚必要になります。

 

お部屋着については当然出産される季節によって必要な枚数は変わってきますので 季節に合わせた枚数を購入されるのをお勧めします。肌着に関しては初めはセットで売られているものが多くありお得に揃えられるのでおすすめです。

 

出産前に最低限準備した方が良いベビーグッズは以上になります。ただし上記に記載したベビーグッズは最低限になります。成長に合わせて必要なものや便利グッズ等色々あり初めての準備は大変かと思いますが、生まれてくる赤ちゃんの為にぜひ頑張ってください。